タッチミー

タッチミーとは?

タチウオを釣るために作ったグゥーバーオリジナルのジグヘッドです。


ソフトルアーにとても良く反応することで知られるタチウオですが、バイトがあってもなかなかフッキングには至らないというのも事実です。

なんとも悔しいあの「カミカミバイト」を根こそぎ掛けてしまおう!!という発想でテストを重ね、完成したのがこの「タッチミー」なのです。

エコギアパワーシャッドとのコンビネーションで東京湾の気難しいタチウオ逹を相手に

連日驚くべき釣果を叩き出してきた爆釣ルアーなのです!!


その秘密はフックがセットされる位置にあります。

タチウオは狙ったベイトフィッシュに対して一気に飲み込もうとせず、鋭利な前歯で一撃を食らわし動きを封じ込めます。

その時にタチウオが狙うのはベイトフィッシュの心臓付近。つまりエラの後方なのです。

その後ゆっくりとしたスピードでベイトフィッシュを捕食します。

ルアーに対してバイトしてくる時もこの最初の一撃ではタチウオの口の中にルアーは入っていないということになります。

しかし我々アングラーにとってはこの最初の一撃こそがまさにバイト!!

なかなかフッキングしないわけですよね。

一撃を食らわせたはずのベイトフィッシュが泳ぎ続けている・・・

高活性時ならばまだしも、そうでないコンディションの時にはソフトルアーにタチウオの歯型が増えていくばかり。

最初の一撃をフッキングに繋げるには!?というのがタッチミーのコンセプトなのです。

使い方はまずヘッドから後方に伸びたフックアイに2番のスプリットリングと5番のトリプルフックをセットします。(これらのサイズはタチウオのコンディションによって調整)

その後キーパー部にソフトルアーを真っ直ぐに装着します。

タチウオのレンジが深い場合にはリーダーの間に中オモリをセットして使います。

実はこのタッチミーを使用したリグはタチウオのみならず、あらゆるソルトウォーターのターゲットに効果的なのです。

まずはシーバス。深いレンジでしかも強すぎる波動には反応しない場面ではこのタッチミーの出番!!


オカッパリゲームにおいてもその圧倒的な飛距離でタフコンディションを打破!!

流れの強い河川でも重宝します。


そしてこちらもソフトルアーが有効なターゲットとして知られるフラットフィッシュ


コチやヒラメにもタッチミーは抜群の効果を発揮します!!


そしてハタ、カサゴ、アイナメなどの根魚にも!!

重いジグヘッドとトリプルフックとの融合でその可能性は広がります。


21g 28g 35gの3サイズ

各2個入り(スプリットリング、フック別売)

1パック¥1080(税込)になります。

GOOBER

東京都中央区にあるルアーフィッシングの タックルショップです。 オカッパリシーバスのセミナーのほか、 バスボートでのバスフィッシングガイドも 承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000