ラブミードゥ

グゥーバーではいくつかのオリジナルアイテムを販売しております。

その一つがこの「ラブミードゥ」

ラブミードゥはシーバスを釣るために開発されたジグヘッドです。

グゥーバー創業当初より販売しており、プロのフィッシングガイドを筆頭に

コアなシーバスアングラーたちに絶大なる支持をされております。

では、ラブミードゥとはどのようなジグヘッドなのか?

もともとバスフィッシング用としてアメリカから日本へ伝わってきたジグヘッド。

その形状は様々で、セットするソフトルアーのタイプや使用するシチュエーションなどによって使い分けるわけです。

もともと僕らもこのバスフィッシング用のジグヘッドを使用していました。

しかし、シーバスを釣るシチュエーションにおいて常に関わってくるのが「流れ」。

潮や川の流れの中で使用する場合、おのずと重いウエイトの物が必要になってきます。


ところが重いウエイトのジグヘッドにセットされたソフトルアーは本来のアクションを演出することが出来なくなるのです。

流れに負けないウエイトであってもセットしたソフトルアーのアクションを安定させられないものなのか?

そして辿り着いた答えは「球体の重心」。

スイミング中は勿論のこと、フォール中でも巻き上げの最中でも、そして横方向からの流れを受けても・・・

ヘッドが球体になることによってセットしたソフトルアーがフレキシブルに可動し、

に常に安定した水流を受け止めることが出来るようになるのです。


これは軽量なものでも同様で、よりスローなスピードでもソフトルアーが安定してスイミングさせることが可能になります。

通常のラウンドヘッドではキーパーの部分が鉛で形成されており、セットしたソフトルアーの形状が変わってしまいます。

それだけでなく、この部分のウエイトを極力軽量化することで重心をより球体に近付ける必要があったのです。

そこで考案されたのが「ガッチリキーパーシステム」。

ステンレスワイヤーで作ったワームキーパーをジグフックにハンダ付けしております。

そのホールド力はフルキャストの場面が多いシーバスゲームにおいても十分なものとなっております。


そしてもう一つラブミードゥに求められた要素、それは「バラシを無くすこと」。

バレやすいシーバスを釣る上で、これは最大の課題でもありました。

「ジグヘッドはバレやすい」というのは今や定説ですが、ラブミードゥは違います!!

その答えは「バレにくい所に狙って掛ける」ということ。

そして生まれたのが「ネムリコバリシステム」。

これはフックポイントをネムらせて(内側に曲げる)フックサイズを小さくするというもの。

これによってシーバスの口の奥ではなくバレにくい口元にフッキングしやすくなるのです。

様々なシーバス用のルアーの中でも、ラブミードゥはズバ抜けたキャッチ率を誇ります。

GOOBER

東京都中央区にあるルアーフィッシングの タックルショップです。 オカッパリシーバスのセミナーのほか、 バスボートでのバスフィッシングガイドも 承っております。

0コメント

  • 1000 / 1000